FC2ブログ

記事一覧

安倍大先生。裏口入学の「佐野太 文科省局長は 前川喜平一派だ」ニセ情報たれながす

日刊ゲンダイDIGITAL




「息子への加点は知らなかった」――将来の次官候補はそう供述しているという。




 受託収賄容疑で逮捕された文科省前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)

官房長時代の昨年5月、東京医科大側に私大支援事業の申請書の書き方をアドバイス。




見返りに同大入試で息子を不正合格させた疑いだが、東京地検特捜部の調べに“裏口入学”との認識を

否定しているというのだ。




 受託収賄罪は、公務員が特定のお願いをされ、賄賂を受け取った場合に成立する。

本件で特捜部が賄賂とみなすのが息子の裏口入学。

佐野容疑者の供述は賄賂の認識を否定、容疑を否認するものだ。




「金品を渡したなら、目に見える証拠が残りやすいが、裏口入学のやりとりの立証は、ただでさえ困難。

ましてや容疑者が否認すれば、状況証拠を積み重ねるしかない。



次官候補と目された高級官僚が“どんな手を使ってでも合格させて”などと、あからさまに息子の裏口入学を

依頼したとは考えにくく、あとは仲介役などを通じ、医科大側が息子の点数にゲタをはかせたことを、

佐野容疑者が認識していたと立証できるかにかかっています」(元東京地検検事の落合洋司弁護士)





 仲介役で特捜部の頼みの綱の医療コンサルタント会社元役員の

谷口浩司容疑者(47=受託収賄幇助容疑で逮捕)も容疑を否認。




佐野容疑者の息子とみられるツイッターには昨年5月に〈浪人してよかった〉と意味深な書き込みがあり、

昨年12月に〈センター(試験)16日前なのに俺セブ島で何してんだ〉とのんきに投稿していた。





 昨年5月は、佐野容疑者が医科大側にアドバイスした時期と重なる。

そのため、SNS上には「息子は裏口入学を知っていた」との見立てはあるが、佐野容疑者が息子に

不正を伝えていない限り、決定的証拠にはならない。




「贈賄側の医科大の臼井正彦前理事長は在宅捜査中。

77歳と高齢で身柄を取られるのを恐れ、特捜部に好都合な供述を重ねている可能性がある。

収賄の証拠が医科大側の供述だけだと、公判維持は苦しくなるのではないか」(東京地検事情通)





 最新号の週刊新潮によると、官邸は事実に反し、「佐野は前川喜平一派だ」と意図的に流していたという。




折も折、国会では財務省職員ら計38人が不起訴となった森友文書改ざん問題を巡り、

官邸の検察介入疑惑が浮上。




次官候補の逮捕は省内の“前川残党”にニラミを利かせ、将来の検事総長といわれる森本宏特捜部長

箔をつける忖度捜査なのか。
スポンサーサイト