記事一覧

主要閣僚が続々辞任…イギリス政界にいま何が起きているのか

現代ビジネス


来年3月に控えた英国の欧州連合(EU)からの離脱(「ブレグジット」)まであと8ヵ月。

ここにきて、主要閣僚らが次々と辞任する事態が発生している。





ブレグジット強硬派のデービス離脱担当相(8日夜)に続き、ジョンソン外相(9日午後)が辞任したほか、

閣外大臣や政務秘書官も身を引いた。



メイ首相はさっそく新たな人事を発表したものの、政権の屋台骨は大きく揺らいだ。

一体、何が起きているのか? 在英ジャーナリスト・小林恭子氏が緊急リポート。

デービス、そしてジョンソン…




「ボリス、お前もか?」

10日付の高級紙「i(アイ)」は、その1面にブルーのネクタイを締めた「ボリス」こと

ボリス・ジョンソン前外相がこちらを見る写真を載せた。

ブルーは与党・保守党の色である。
 
「ボリス、お前もか?」という見出しを付けた、高級紙「i」(7月10日付)




こんな見出しがつけられたのも、無理はない。

9日午後に明らかになったジョンソン氏の「電撃辞任」の発表は、前日8日夜のデービス氏の辞任から

数時間しか経っていない。

「デービス氏の辞任に驚いていたら、お前もか!」という気持ちが込められている。




ブレグジット交渉を続ける英国で、離脱担当大臣が辞任――これだけでも大きなニュースで、9日朝、

英国メディア界・政界は蜂の巣をつついたような騒ぎとなった。

ブレグジット交渉の行方はどうなるのか、メイ政権が瓦解するのか、と。





追い打ちをかけたのが、ジョンソン氏の突然の辞任だった。

この日はバルカン諸国への支援についての会議が開催され、欧州各国から集まった政治家たちの前で

ジョンソン氏は演説するはずだった。

しかし、待てど暮らせどその姿は見えなかった。




同氏が辞任していたことがわかると、激震が走った。

2度目の大物閣僚の辞任という要素以外に、ジョンソン氏は政界、特に保守党内で特別な位置にいるからだ。





同氏は一時党首の最有力候補と言われた人物で、ブレグジットに向けての国民投票(2016年6月)では

離脱派運動組織「ボート・リーブ」を率いた。

保守党大物政治家の中で「好感度」では常にトップに来る。






メイ首相にとって、ジョンソン氏、そしてデービス氏はなくてはならない人材だった。

というのも、メイ氏はもともとEU残留派だったが、2016年7月の政権立ち上げ時、離脱支持派を閣内に入れて

バランスをとることで、「自分はブレグジット実現に最適な首相」であることを国民に示す必要があった。

メイ政権にブレグジット政権としての合法性を与えようとした。





こうしてジョンソン氏を外相に、デービス氏を新設の離脱担当相に、そして同じく離脱派のフォックス氏を

国際貿易相、ゴーブ氏を司法相にした。





ジョンソン氏やデービス氏に辞任されてしまっては、「ブレグジットに最適の首相・政権」という合法性に

疑問符が付いてしまう。

人選をした自分の面目も丸つぶれだ。





デービス氏だけだったら「例外」として処理することも可能だったが、ブレグジット実現に大きな力を発揮した

人気者ジョンソン氏にまで去られてしまっては、言葉もないほどの打撃となる。

しかも、元ジャーナリストだったジョンソン氏は、辛辣な辞任書簡を書いて、外務省を後にしたのである。




次々と辞任、一体なぜ?

ジョンソン氏やデービス氏は、なぜ立て続けに辞めたのか。

きっかけは、6日に首相公式別荘「チェッカーズ」で閣僚らが合意した、ブレグジット交渉に向けた

政府の方針だ。



国民投票から2年も経た今、ようやく交渉方針がまとまったというのは、「遅い」と思う人もいるだろう。

確かに時間がかかったといえる。
 
左がジョンソン氏、中央がデービス氏〔PHOTO〕gettyimages





2016年の国民投票では有権者は離脱支持(52%)と加盟維持(48%)と真っ二つに割れたが、

保守党は「国民が決めた」ブレグジットを強硬に進めようとする党内右派と

現状維持を望む残留派とのせめぎあいで時間を過ごしてしまったのである。





もともと、保守党にとって「欧州」は鬼門だった。

党員の中にEUは官僚主義の権化であり「英国から主権を奪う存在」としてみるグループがおり、

「党内右派」、「EU懐疑派」としてくくられてきた。




こうした見方を支持する国民もいて、英国のEUからの脱退を目指す「英国独立党(UKIP)」が次第に

その支持者を増やすようになった。





これに危機感を感じたのが、キャメロン前首相(在職2010~16年)。

2014年の欧州議会選挙でUKIPが英国内の第1党となったことで、キャメロン氏は保守党に流れる票がUKIPに流れ、

いずれ国政選挙でも支持者を奪われることを問題視するようになった。





党内右派・EU懐疑派を「黙らせる」ため、キャメロン氏はEUに残留するか離脱するかの国民投票の

実施を宣言した。




もちろん、残留派が勝つだろうという想定である。

しかし、結果は僅差で離脱派が勝ち、キャメロン氏は辞任した。






その跡を継いだメイ首相は「ブレグジットはブレグジット(=離脱を必ず実行する)」と繰り返し、

EUの関税同盟や単一市場から脱退する「ハード・ブレグジット(強硬なブレグジット)」の実現を誓った。



ところが、事態は思うように進まなかった。

ハード・ブレグジットが実行された場合に不利益が生じるとするビジネス界からの不評に加え、

「北アイルランドの国境問題」など新たな問題を生み出した。





英領北アイルランドでは1970年代以降、カトリック系住民とプロテスタント系住民の争いが続いており、

1998年の「ベルファスト合意」で和平が実現した。

この合意をもって、北アイルランドとアイルランド半島南部のアイルランド共和国の間の国境管理は撤廃された。





ハード・ブレグジットを実行するために税関や検問所を設置するなど「壁」を作れば、和平が崩れる可能性がある。

アイルランド政府もメイ政権も壁を作らないことを望んでいるが、

それではEUに加盟し続けるアイルランドから北アイルランドに資本、サービス、人が流れてしまい、

ブレグジットが形骸化する




6日、12時間もの時間を費やしてチェッカーズで討議を行ったメイ首相は、ようやく閣僚全員の合意を

取り付け、離脱の交渉方針を決定した。




方針は協調優先の「ソフト・ブレグジット(穏健な離脱)」路線を明確にした。

「モノの自由貿易圏」を設置し、関税はEUと連携して現状に近い円滑な貿易を確保するようにする。

ただし、EUが単一市場の原則とする「人の移動の自由」は制限する。





離脱支持に投票した国民がこだわった、人の移動の自由という点には制限がかかるものの、

その内容は現状維持にかなり近いものになった。




ハード・ブレグジットを望むデービス氏やジョンソン氏にとっては、到底受け入れられないものだったが、

6日の時点では、ひとまずは「合意」ということになった。



「夢は死にかけている」

しかし、気持ちは収まらなかったようだ。

デービス氏は首相に宛てた辞任の書簡の中で、「現在の政策や戦術の方向性からすると、英国が本当に

関税同盟や単一市場から離脱するとは思えなくなっている」と書いた。

現在のままだと、EUからの要求に「譲歩し続ける」ことになるとつながる、と。





離脱担当大臣として自分が納得して交渉を続けることができなくなってしまったのだ。





9日朝のBBCによるインタビューで、デービス氏は「メイ首相の提案ではEUを離脱できるとは思えない」

と述べている。



インタビューをしたローラ・クエンスバーグ氏は「この思いは保守党内の残留支持派と離脱派のどちらにも

共有されている認識だ」と書く。
〔PHOTO〕gettyimages



ジョンソン氏の辞任表明の表現は、さらに辛らつだ。

英国により多くの機会と希望を与えるブレグジットを実現する「夢は死にかけている」。

合意案はEUに対し「白旗を上げたようなものだ」。

当初、仲間内で合意案を「政治的な糞だ」と呼んだ時よりはましの表現だったが。




デービス氏やジョンソン氏など、ブレグジット強硬派の不満は昨日や今日始まったものではなかった。

何ヵ月にもわたる不満が今回、とうとうマグマのように吹き出てきたのである。





マグマの中には、2人より何世代も若手の政治家ジェイコブ・リースモッグ議員もいる。

約60人のブレグジット強硬派グループを作り、メイ首相に関税同盟や単一市場からの完全離脱を実現するよう、

プレッシャーをかける。





デービス氏の後任には離脱派のドミニク・ラーブ住宅担当閣外相が任命された。

小粒の人選になったことは否めない。





ジョンソン氏の次の外相はメイ首相のお気に入りの一人で、保健大臣だったジェレミー・ハント氏が就任した。

ハント氏はもともと残留派だったが、最近は離脱派的発言をするようになった人物だ。




リースモッグ議員、デービス氏、ジョンソン氏によるハード・ブレグジットに向けたプレッシャーは

ますます強くなりそうだ。




EU離脱は今後どうなる?

野党・労働党のコービン党首は「チェッカーズでの合意案を作るまで2年かかった。つぶれるのは2日間だった」

という。

デービス氏とジョンソン氏は「沈みかける船」から降りただけなのだ、と。




EU側の反応は、今のところクールなようだ。

デービス氏の辞職を聞いたあるEUの高官は「ここに来なかった人物がいなくなったからと言われても、

寂しいとは言えない」という(BBCニュース、9日付)。



過去4ヵ月の間、デービス氏がEUの本部があるブリュッセルを訪れたのは1回のみだ。

しかし、時間がどんどん過ぎていくことは懸念に違いない。
 
〔PHOTO〕gettyimages




12日、英政府はブレグジット後のEUとの関係を詳細につづる白書(約150ページ)を発表する予定だが、

これをEU側がどう受けとめ、どのような姿勢で交渉してくるかは不明だ。




保守系「デイリー・テレグラフ」紙のコラムニスト、アンブローズ・エバンス=プリッチャード氏は、

先の合意案は閣僚2人の辞任によって「無意味になった」(10日付)としており、

白書の意義が大きく揺らいでいる。





来年3月にブレグジットが実現するとなると、10月までには実質的に交渉が終わっている必要があるが、

間に合うのか。




EU側では「メイ首相は続投する」という見方が強い。

英国内でも不信任案が出されるとする人がいる一方で、大方の保守党議員は「他に適当な人がいない」

ために不信任案は出されないという。




離脱条件を決められないままに期限が来てしまう可能性は大いにあるだろう。

ブレグジットが、この先どうなるのか? 

もっと他に辞任する人が出るのか? 

誰にもその答えはわからない。




ドイツのメルケル首相のように、メイ氏は首相の座にしばらく居残りそうだが、それ以外は霧の中だ。

ビジネス界にとって、不安の日々がまだ続く。

スポンサーサイト