FC2ブログ

記事一覧

片山さつき議員のツイッターが大荒れ。豪雨の中 親指突き上げ安倍先生と記念撮影。

デイリースポーツOnline




 自民党の片山さつき参院議員のツイッターが荒れ放題となっている。

片山氏は、西日本で大雨が降り続いたさなかの5日夜に「赤坂自民亭」と呼ばれる衆院議員宿舎で行われた

自民党議員の飲み会に出席し、同日に安倍晋三首相とともに乾杯している写真をツイッターに掲載。




このツイッターには「非常識極まりない」などの返信が多くあった。

片山氏は7日以降のツイッターでは豪雨対策に奔走する様子をツイート。




8日に岡山県倉敷市役所を訪ね地元の災害担当者と撮った写真を掲載すると、

「記念写真撮る神経が分かりません」などの指摘があった。





 5日のツイッターで片山氏は「今日は27回目の赤坂自民亭」「安倍総理初のご参加で大変な盛り上がり」

と料理と酒が並び、親指を突き上げて記念撮影をしている写真を掲載した。




この頃、京都市は8万人以上に避難を指示。

気象庁は昼に緊急会見して警戒を呼びかけていた。





 5日の片山氏のツイッターに多くの批判的な返信が寄せられた。

「国会議員の職務って何でしょうか?

国民のために、あなたは何を成し遂げてくれたのでしょうか?

あなたを含め、この宴会にいた人達は国会議員に相応しくない!

議員の通信簿つけられるなら、0点ですね(笑)」




「この方たちのお給料を返してもらって財源の一部にした方が国のためになると思います」

「安倍 『1ヶ月もすれば国民忘れるよ』忘れません(笑)」

「議員の このツイートには本当に驚きました」などの声があった。






 片山氏は7日以降、豪雨対策に奔走している様子をツイートし、8日は

「自民党も豪雨被害対策本部設置。

私も急きょ岡山入りし、伊原木知事と最新の状況把握」

「岡山県として数十年ぶりの甚大な被害、政府に早期の激甚指定を」として写真を掲載した。




返信には「現場の人間の邪魔をする それだけはやめよう」

「5日の14時に気象庁が緊急記者会見開いてたんで予想出来ましたよね?

5日の夜に酒盛りはあり得ないのでは」と厳しい声があった。






 10日も片山氏は「雨量の前提を見直し、木が生い茂りヌートリア住みついて穴だらけの河床と低い堤防、

緊急に強靱化へ動きます」と懸命に取り組んでいることを真摯(しんし)に訴えた。





返信として「被災地への支援・援助よろしくお願いします」と片山氏の活動に期待する声がある一方、

「お疲れだったでしょう」として飲み会の写真を掲載する返信もあった。
スポンサーサイト