記事一覧

愛媛県せいよ市。情報提供せずダム放流。5人が犠牲のクソっぷり!!!!

ダムの放水量急増で川が氾濫、逃げ遅れ5人犠牲

2018年07月09日 20時44分 読売新聞




 愛媛県西予せいよ市野村町では、7日早朝に町内を流れる肱川ひじかわが一気に増水、

中心部の広範囲が水につかり、逃げ遅れたとみられる5人が犠牲になった。




約2キロ上流にある野村ダムが豪雨で満杯となり、放水量が急激に増えたことが氾濫の原因の一つとみられるが、

早朝の急な放水情報が十分に届かなかった住民もいた。



 西予市野村町の女性(65)は7日午前6時頃、消防団に避難を呼びかけられ、約30分後に

両親と夫と車で避難しようとした。



しかし、すでに川は氾濫。

自宅に戻ったところ、すぐに2階まで水につかり、屋根に上って救助を待った。

数時間後に水が引いたため助かったが、女性は「ぎりぎりだった。命があって良かった」と声を震わせた。





 西予市では7日午前7時半までの24時間雨量が観測史上最大の347ミリにのぼった。

雨水は野村ダムに流入し、満杯になるとダムから水があふれ出るため、

四国地方整備局のダム管理所は午前6時20分、流入分とほぼ同量の水を放出する

「異常洪水時防災操作」を開始。




放水量は操作前の2~4倍に急増し、午前7時50分には過去最多の毎秒1797立方メートルに達した。






 通常は放水する場合、ダム管理所が事前に市にファクスで知らせるが、今回は

「状況が厳しく数時間後に放水量が増える」と、市に電話で連絡した。



 また午前5時15分からは川沿いのサイレンを鳴らして放水を知らせるなどし、

同整備局の清水敦司・河川保全専門官は「ダムが満杯になれば水をためることは不可能。

定められた通りに対応するしかない」と語る。




 一方、市は午前5時10分に同町内の一部に避難指示を発令。

防災行政無線で「肱川が氾濫する危険性があるので、すぐに避難して」と呼びかけたが、

「ダムの放水量が増える」という情報は発信していなかった。




 これに対し、防災無線が聞こえなかったとの声も。

男性(42)は、妻の友人からのLINEラインで避難指示に気付いたという。





前夜、国土交通省の出先事務所に聞くと「堤防を越えるようなことにはならない」と言われたといい、

「ダムの決壊を防ぐためとはいえ、何とかならなかったのか」と憤る。




男性(85)は「放水量が増えると知っていたら、もっと早く逃げたのに」と話した。

 西予市の担当者は「想定外の雨量で、当時としては最善の選択をしたつもりだ。

今後、情報発信について検証したい」と語った。

スポンサーサイト